top of page

柱の傷

実家を売却した。

家は取り壊されるが、おわかれに掃除することにした。

台所の柱の傷は

鉛筆で書いた線、マジックで引いた線、

背の高さを測ったしるし。

そこに僕が立っていた。

妹が立っていた。

新しい雑巾を絞り、柱を拭き、

凹んだ傷跡を指でなぞった。


最新記事

すべて表示

幽霊

幼稚園にあがる前の記憶。 祖父の家が本家で夏に法事があった。 農家だったので庭が広かった。 古い井戸があり、退屈だったぼくは、井戸に石を落として遊んでいた。 ぽちゃん、と音がするのをおもしろい。 すると、中から煙が出てきて、それは着物を着た女の人になった。 着物の女の人は 「悪さをしてはいけません」 と言った。 幼いころのことで、実際は親戚の叔母さんに叱られたのかもしれない。 ただ、そのセピア色の

bottom of page